家を売るのだ!

これから家を売る人に役立つ情報サイト

不動産売却査定のあと契約しない不動産屋の断り方と注意点

2016年9月27日

どうも、ナツダです。

今回は、不動産屋の断り方について解説したいと思います。

では、さっそくいってみましょう。

不動産屋に断りの連絡をする方法

一括査定などを使って複数の不動産屋に査定してもらった場合、何社かお断りの連絡をすることになります。

この「お断り」というのが厄介で、苦手な人はすごく嫌な作業ですよね。不動産屋の営業マンって、イカツイ人多いし・・・。

じつは、私も断りの連絡をするのが凄く苦手で「お断り代行サービス」がある一括査定に飛びつきました。

わが家の売却体験談はこちら

さて、不動産屋に断りの連絡を入れるとしたら、どんな方法が一番いいのでしょうか?

  • 不動産屋へのお断り連絡方法
  • ・担当者へ電話
  • ・担当者へメール
  • ・直接店舗に出向く
  • ・お断り代行サービスを利用する

一般的には、担当者へ直接電話で連絡するのがいいでしょう。「いろいろアドバイスくださったのに恐縮ですが、他社と契約することにしました」と言えばOKです。

メールは伝わったか確認しにくいし、少し礼に欠けるようにも思います。

わざわざ、店舗にまで出向く必要もありません。担当営業マンが不在の可能性もあるので、電話が無難です。

断っているのにシツコク連絡してくる不動産屋は?

不動産業界では、体育会系のノリの営業マンがたくさんいます。

「不動産屋は断られてからが勝負じゃー!」ぐらいの勢いで、しつこく連絡してくる人もいると聞きます。

しかし、宅地建物取引業法では以下のことを禁止しています。

  • ・相手方が契約を締結しない旨の意思(勧誘を引き続き受けることを希望しない旨の意思を含む。)を表示したにもかかわらず、勧誘を継続することを禁止

もし、しつこい営業マンが連絡を止めなければ「宅建業法違反だから、監督官庁(都道府県または国交省)に通報しますよ?」と伝えましょう。

相手が電話してきたのであれば、録音しておくといいです。

不動産屋営業マンは断られ慣れている?

不動産屋の営業マンは断られ慣れています。これは、他の業種の営業マンでも同じかもしれませんね。

私も何社か自分で断りの電話をしましたが「そうですか、残念ですがわかりました!売却頑張ってくださいね」ぐらいの軽い返事が返ってきました。

そんなに、断ることに対して負い目を感じなくても大丈夫です。

ポイント
不動産屋の営業マンいわく、何も連絡してこない人がけっこういるそうです。たとえ「断り連絡」でも、ちゃんと連絡してもらえると助かるそうです。

断るのが苦手だからといって、何も言わずに放置するのはやめましょう。

断るときも礼を尽くせば、もしかしたら買主を紹介してくれるかもしれません。「また、お世話になることがあるかもしれない」という意識で、ちゃんとした対応をしておきましょう。

不動産売却では、強か(したたか)さが大切ですよ。

不動産屋に断りの連絡をするときの注意点

さきほど「断るときも礼を尽くせ」と書きましたが、しゃべり過ぎには注意しましょう。

愛想よくするのはいいのですが、ベラベラと断りの理由を伝えるのはあまり良い手ではありません。聞く方は、あまり楽しくないですからね。

断りの連絡で伝えるのは、感謝の気持ちと「他社と契約する」ということだけでOKです。

以下のことは話さない方が無難です。

  • ・断る理由
  • ・売るのをやめたというウソ

断る理由を話すと「では、こうすればどうですか?」と代替案を提案されかねません。

「売るのをやめます」というウソも不動産屋には(横のつながりやレインズ情報で)バレます。

不必要なことまでしゃべり過ぎないように気を付けましょう。

まとめ

不動産屋に断りの連絡をするのは気が引けるものです。しかし、連絡なしの放置はいけません。

不動産屋の営業マンは断られ慣れていますので、あまり気負いせずに、できれば電話で連絡してあげましょう。

伝えることは、シンプルに感謝の気持ち他社と契約するということだけ。しゃべり過ぎないように注意しましょう。

断るのが苦手なら、お断り代行サービスがある「不動産売却一括査定のイエイ」が便利です。

イエイはこちら

【厳選】ケース別オススメの無料査定サービスはココだ!

すまいValue

大都市部の不動産売却ならココ!

運営は、不動産仲介の超有名大手6社。
中小企業では真似できない、至れり尽くせりのサービスが魅力です。

大手なら買主顧客をたくさん抱えているので、即売れすることも。
マナーや法令順守の意識が高く、大手ならではのサービスも豊富ですよ。

中には「ハウスクリーニング・住宅診断・敷地調査」を無料でしてくれる会社も。
ライバルと差が付く「瑕疵担保保険・ホームステージング」などが使える特典もあります。

難点は、都市部にしか支店がないこと。
営業エリアは、要確認です。

すまいValueは、できるだけラクして売りたい人にオススメです。

HOME4U

大都市近郊の不動産売却ならココ!

運営は、NTTデータスマートソーシング
大手不動産会社や地域の有力不動産屋が、500社以上参加しています。

じつは、不動産一括査定では運営歴№1の老舗。(2001年サービス開始)
長年培ってきた実績とノウハウも、注目ポイントです。

大都市近郊の物件なら「大手+地域の有力不動産屋」で攻められるHOME4Uがオススメです。

個人情報の保護技術は業界最高クラス、かつ登録不動産屋は厳選のうえに厳選。
一括査定を安心して使いたい方にも、オススメですよ。

HOME'S

地方の不動産売却ならココ!

不動産情報サイト大手のHOME'S内にある一括査定。
不動産屋とのコネクションや独自の不動産屋選定基準を武器に、大躍進中です。

郊外や地方では、登録不動産屋数が多い一括査定を選ぶのが大事。
登録社数が少ない一括査定を使うと、1社も紹介してもらえない・・・なんてことも。

業界最大級の1300社が参加しているHOME'sなら、全国広くカバーしているのでイチオシです。

他の一括査定では、不動産屋を紹介してもらえなかった」という方。
一度、HOME'Sを試してみてください。

おすすめの記事

280view

どうも、ナツダです。 今回は、少しでも早く高く家を売る方法について解説したいと思います。 もくじ ・魔法のように家が早く ...

4,942view

どうも、ナツダです。 家を売るとき、悪徳不動産屋にだまされるとどうなるか知ってますか? 不動産屋が儲けて、あなたは何百万 ...

1,714view

どうも、ナツダです。 今回は、家を売るときの不動産屋の探し方を3つ挙げて解説したいと思います。 もくじ ・国交省のサイト ...

-不動産売却の予備知識
-

Copyright© 家を売るのだ! , 2020 All Rights Reserved.