家を売るのだ!

これから家を売る人に役立つ情報サイト

中古住宅の売り方は3つある?それぞれの特徴と注意点まとめ

2015年12月8日

どうも、ナツダです。

今回は中古住宅の売り方について解説したいと思います。じつは、中古の家を売る方法は3つもあるんです!

では、さっそくいってみましょう。

家を売る3つの方法とは?

さて「家を売る方法」と聞いていくつ思い浮かびますか?

じつは、家を売る方法はザックリ言うと3つあります。

  • 1、不動産屋に買主を探してもらって取引する(仲介
  • 2、自分で買主を探して取引する(個人売買
  • 3、不動産屋に買ってもらう(買取

一般的には1の方法が多いですよね。だいたいの人が、不動産屋に相談に行って買主を見つけてもらうと思います。

まず、カンタンに「仲介・個人売買・買取」の特徴を表にしてみましょう。

取引の種類 金銭的メリット 自分でやることの多さ 引き渡しまでの期間
仲介
個人売買 ×
買取 ×

どの取引方法も一長一短があるので、よく考えて自分に合った方法を選ぶことが大切です。

もう少し詳しく、それぞれの取引の特徴をみていきましょう。

仲介の特徴と注意点

仲介の特徴

仲介には以下のような特徴があります。

  • ・煩雑な手続きのほとんどを不動産屋がやってくれる
  • ・売却活動や買主探しを不動産屋がやってくれる
  • ・買主に対して重要事項の説明を不動産屋がやってくれる
  • ・仲介手数料(取引価格の3%+6万円)がかかる
  • ・悪質な不動産屋につかまると損することもある

仲介の注意点

不動産屋に高額な仲介手数料を払わないといけませんが、手続きや業者の手配などをしてもらえます。まんがいち問題が起こっても、豊富な知識と経験で問題解決をサポートしてもらえます。

仲介で家を売るとき最も大切なことは不動産屋選びです。「不動産屋営業マンの力量しだいで、あなたの家の売却活動が成功するか失敗するか決まる」と言っても過言ではありません。

また、不動産屋は大手だからと言って安心とは限りません。ノルマが厳しい大手不動産屋では、営業マンが売主の利益を損なってでも儲けに走るケースもあります。

仲介で家を早く高く売る方法

個人売買の特徴と注意点

個人売買の特徴

個人売買には以下のような特徴があります。

  • 個人売買の特徴
  • ・仲介手数料がかからない
  • ・重要事項説明や瑕疵担保責任をなしにできる
  • ・煩雑な手続きを自分でやる必要がある
  • ・買主を自分でみつける必要がある
  • ・家の売買で起こるトラブルを自分で解決する必要がある

個人売買の注意点

個人売買は仲介手数料がかからないという大きなメリットがある反面、とてもトラブルになりやすいので注意が必要です。

いざ家を個人売買するとなると、たくさんのことを自分で明確にしていかないといけません。コレがけっこう面倒です。

不動産個人売買の流れ

買取の特徴と注意点

買取の特徴

買取には以下のような特徴があります。

  • 買取の特徴
  • ・短期間で現金化できる
  • ・買主を探す必要がなく、スケジュールに合わせて売却できる
  • ・仲介手数料がかからない
  • ・仲介に比べ2~3割り程度安い価格になる
  • ・悪質な不動産屋につかまると損することもある

買取の注意点

買取は仲介より2~3割ぐらい価格が下がると言われています。その代わり、仲介手数料が要らなくなります。手続きは不動産屋のサポートが受けられるので、個人売買のような手間はかかりません。

買主を探す必要がないので、最も早く現金化できる方法です。売却を急いでいる場合は、買取がおすすめです。

買い手が付きにくい未造成の大きな土地も、買い取ってもらう方がラクです。

仲介と買取では不動産屋選びが大切

仲介や買取で家を売るときは、不動産屋選びがとても大切です。良い不動産屋と媒介契約(売却活動を任せる契約)すれば、8割り以上家の売却に成功したといっても過言ではありません。

では、悪質な不動産屋と契約してしまうとどうなるのでしょうか?

たとえば「囲い込み」などの悪しき商慣習を使われると、あなたが損して不動産屋が儲かることになります。

囲い込みとは?
売主から売却依頼を受けた物件を自社で抱え込み、他社からの照会を断る行為のこと。
不動産屋が自社で買主をみつけると、売主と買主の両方から仲介手数料をもらえる。そこで、他社からの「購入希望者がいるので情報ください」という照会を断り、自社で買主を探そうとする不動産屋がいる。

悪徳不動産屋の手口の解説記事はコチラ

良い不動産屋を選ぶ方法

悪質な不動産屋を排除して良い不動産屋を選ぶには、複数の不動産屋を比較するといいです。

  • 複数の不動産屋に相談するメリット
  • ・いろいろな不動産屋の話を比較して最適な行動をとりやすい
  • ・複数社に相談していることを各不動産屋に伝えておくことで、悪質な行為をけん制できる
  • ・不動産屋どうしで競争心理が働くので、サービスの質がよくなる
  • ・家の売却査定額を比較できる
  • ・不動産屋が言うことを、他の不動産屋に「どう思うか」聞くことができる

できれば3社~5社の不動産屋に不動産査定を依頼して、査定額や根拠を比較してみましょう。

5社査定

上の例では、A社が極端に安くてE社が極端に高いです。

この場合、A社は安く自社顧客に売りたくて、D社は契約欲しさに売れもしない高値で気を引いているのかもしれません。

2000万円前後が相場と考えて、B・C・D社の中から一番信頼できる営業マンを選ぶべきでしょう。

不動産屋の選び方の詳しい解説はこちら

まとめ

家を売る方法は「仲介・個人売買・買取」の3つあります。

よく知った人にトラブルなく売れる自信があるなら、個人売買がおすすめです。仲介手数料がかからないので、諸費用を大幅にカットできます。

見ず知らずの人と取引したりトラブルを解決するのが面倒と感じる人は、不動産屋に入ってもらって仲介か買取がいいでしょう。

不動産売買に関する手続きやトラブルは複雑なものが多いので、仲介手数料を払ってでも不動産屋に面倒をみてもらう価値はあります。

不動産屋に仲介してもらうときは、不動産屋選びが重要です。手を抜かないようにしましょう。

【厳選】ケース別オススメの無料査定サービスはココだ!

すまいValue

大都市部の不動産売却ならココ!

運営は、不動産仲介の超有名大手6社。
中小企業では真似できない、至れり尽くせりのサービスが魅力です。

大手なら買主顧客をたくさん抱えているので、即売れすることも。
マナーや法令順守の意識が高く、大手ならではのサービスも豊富ですよ。

中には「ハウスクリーニング・住宅診断・敷地調査」を無料でしてくれる会社も。
ライバルと差が付く「瑕疵担保保険・ホームステージング」などが使える特典もあります。

難点は、都市部にしか支店がないこと。
営業エリアは、要確認です。

すまいValueは、できるだけラクして売りたい人にオススメです。

HOME4U

大都市近郊の不動産売却ならココ!

運営は、NTTデータスマートソーシング
大手不動産会社や地域の有力不動産屋が、500社以上参加しています。

じつは、不動産一括査定では運営歴№1の老舗。(2001年サービス開始)
長年培ってきた実績とノウハウも、注目ポイントです。

大都市近郊の物件なら「大手+地域の有力不動産屋」で攻められるHOME4Uがオススメです。

個人情報の保護技術は業界最高クラス、かつ登録不動産屋は厳選のうえに厳選。
一括査定を安心して使いたい方にも、オススメですよ。

HOME'S

地方の不動産売却ならココ!

不動産情報サイト大手のHOME'S内にある一括査定。
不動産屋とのコネクションや独自の不動産屋選定基準を武器に、大躍進中です。

郊外や地方では、登録不動産屋数が多い一括査定を選ぶのが大事。
登録社数が少ない一括査定を使うと、1社も紹介してもらえない・・・なんてことも。

業界最大級の1300社が参加しているHOME'sなら、全国広くカバーしているのでイチオシです。

他の一括査定では、不動産屋を紹介してもらえなかった」という方。
一度、HOME'Sを試してみてください。

おすすめの記事

282view

どうも、ナツダです。 今回は、少しでも早く高く家を売る方法について解説したいと思います。 もくじ ・魔法のように家が早く ...

4,982view

どうも、ナツダです。 家を売るとき、悪徳不動産屋にだまされるとどうなるか知ってますか? 不動産屋が儲けて、あなたは何百万 ...

1,764view

どうも、ナツダです。 今回は、家を売るときの不動産屋の探し方を3つ挙げて解説したいと思います。 もくじ ・国交省のサイト ...

-不動産売却の基礎知識
-

Copyright© 家を売るのだ! , 2020 All Rights Reserved.