家を売るのだ!

これから家を売る人に役立つ情報サイト

不動産一括査定「すまい Value」とは?都市部では最適?

2016年10月13日

どうも、ナツダです。

2016年10月7日に新しい不動産一括査定サイトが誕生したそうです。
その名も「すまい Value」。
参考 すまい Value(https://sumai-value.jp/)

注目したいのは、立ち上げメンバー。
そうそうたるメンツです。

  • 「すまい Value」の立ち上げメンバー
  • ・小田急不動産
  • ・住友不動産販売
  • ・東急リバブル
  • ・野村不動産アーバンネット
  • ・三井不動産リアルティ
  • ・三菱地所ハウスネット

三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル。
この3社は、不動産仲介実績トップ3です。しかも、ダントツ。

ついでに野村不動産グループが4位で、三菱地所もトップ10入りしてます。

既存の一括査定サイトとの勝負の行方(ゆくえ)が楽しみです。

「すまい Value」の長所と短所

すまい Valueは、上記6社に一括で査定申し込みできます。

すべて「大手」と言われる不動産会社です。
なので、大手ならではの長所と短所が出てくると思います。

すまいValueの長所

長所は、何といっても顧客数でしょう。

どこもたくさん「中古物件を買いたい人」を抱えています。
運が良ければ売り出した途端に買主がみつかるかもしれません。

すまいValueの短所

短所は、対応可能エリアではないでしょうか。

大手不動産会社の店舗は都心部に集中しています。
郊外や田舎は営業エリア外の地域が多いと思います。

大手に多い?両手仲介は注意が必要

不動産会社の中には、積極的に両手仲介を狙ってくるところがあります。
なぜなら、その方が儲かるからです。

両手仲介を取ると、社内評価が高くなる会社もあるとか。

両手仲介とは?
売主から売却依頼された物件を自社の顧客に売る仲介方法。売主と買主の両方から仲介手数料をもらうことができる。
片手仲介とは?
他社が買主を見つけてきた場合の仲介方法。売主側の不動産屋は売主から。買主側の不動産屋は買主から仲介手数料をもらう。

図にすると、こんな感じです。

仲介

なんの作為もなく両手仲介になるのは構わないのですが・・・。

不動産屋が両手仲介を意識しすぎると、囲い込みにつながるという指摘もあります。
囲い込みは、売主にとって不利益になる恐れがあるので注意が必要です。

囲い込みについては、コチラで詳しく解説しています。

囲い込みの仕組み

では、大手不動産会社はどれぐらい両手仲介しているのでしょうか?

以前、2015年3月号の週間ダイヤモンドに「不動産流通大手の両手仲介ランキング」が載っていました。

その記事によると、ランキングは以下のようになっています。
参考 週間ダイヤモンド2015年03月07日号「高く売れる家 売れない家」

  • 2013年度上期の不動産流通大手の両手仲介ランキング
  • 1位 三井不動産リアルティネットワーク(5.18%)
  • 2位 住友不動産販売(5.10%)
  • 3位 大京グループ(4.89%)
  • 4位 大成有楽不動産グループ(4.52%)
  • 5位 住友林業ホームサービス(4.51%)
  • 6位 東急リバブル(4.24%)
  • 7位 みずほ不動産販売(3.92%)
  • 8位 野村不動産グループ(3.83%)
  • 9位 三井住友トラスト不動産(3.77%)
  • 10位 三菱UFJ不動産販売(3.31%)
  • ( )の中は平均手数料率です。

仲介手数料は上限が「3% + 6万円」です。
なので、両手仲介の上限は「6% + 12万円」ということになります。

平均手数料率が5%以上あるなら「かなり積極的に両手仲介している」と言えるのではないでしょうか。

大事な不動産をできるだけ高く売りたいなら、両手仲介になる場合は用心しましょう。

大手ならではの手厚いサービスは魅力的

大手不動産会社のサービス、とても魅力的なものが多いです。
たとえば、こんな感じのものがあります。

  • 大手不動産屋のサービス例
  • ・敷地調査
  • ・ハウスクリーニング
  • ・住宅診断(インスペクション)
  • ・空き家巡回サービス
  • ・税理士、弁護士、FP相談

サービスは、無料のものと有料のものがあります。
上で挙げた以外にも、たくさんあります。

どれも売却の手助けになるものばかり。
中小の不動産屋では、ここまでのサービスは望めないですね。

これは、大手に仲介を依頼するときの大きなメリットです。

不動産一括査定は大手と中小の不動産屋を混ぜる

不動産査定を依頼するときは、大手不動産会社と中小の不動産屋を混ぜるといいです。
それぞれ得意な売却活動があるので、比較してみましょう。

  • それぞれの不動産屋に期待すること
  • ・大手 → 豊富な顧客
  • ・中小 → 横(同業他社)のつながり

大手は、豊富な顧客リストを使い自社の顧客どうしを結びつけるのが得意です。
中小の不動産屋は、同業他社との横のつながりを使って買主を探してくれます。

また、会社によっても販売活動の方針やノウハウが違います。
できるだけ複数社に査定依頼して、比較してから信頼できる不動産屋と契約することが望ましいです。

すまいValue(バリュー)を使えば、最大手6社に一括査定依頼できます。
もうひとつ、HOME4U(ホームフォーユー)も併せて使うとカンペキ。
仲介実績ベスト10入りする不動産会社が、ほぼ押さえられます。

すまいValue公式サイトを見てみる

【厳選】ケース別オススメの無料査定サービスはココだ!

すまいValue

大都市部の不動産売却ならココ!

運営は、不動産仲介の超有名大手6社。
中小企業では真似できない、至れり尽くせりのサービスが魅力です。

大手なら買主顧客をたくさん抱えているので、即売れすることも。
マナーや法令順守の意識が高く、大手ならではのサービスも豊富ですよ。

中には「ハウスクリーニング・住宅診断・敷地調査」を無料でしてくれる会社も。
ライバルと差が付く「瑕疵担保保険・ホームステージング」などが使える特典もあります。

難点は、都市部にしか支店がないこと。
営業エリアは、要確認です。

すまいValueは、できるだけラクして売りたい人にオススメです。

HOME4U

大都市近郊の不動産売却ならココ!

運営は、NTTデータスマートソーシング
大手不動産会社や地域の有力不動産屋が、500社以上参加しています。

じつは、不動産一括査定では運営歴№1の老舗。(2001年サービス開始)
長年培ってきた実績とノウハウも、注目ポイントです。

大都市近郊の物件なら「大手+地域の有力不動産屋」で攻められるHOME4Uがオススメです。

個人情報の保護技術は業界最高クラス、かつ登録不動産屋は厳選のうえに厳選。
一括査定を安心して使いたい方にも、オススメですよ。

HOME'S

地方の不動産売却ならココ!

不動産情報サイト大手のHOME'S内にある一括査定。
不動産屋とのコネクションや独自の不動産屋選定基準を武器に、大躍進中です。

郊外や地方では、登録不動産屋数が多い一括査定を選ぶのが大事。
登録社数が少ない一括査定を使うと、1社も紹介してもらえない・・・なんてことも。

業界最大級の1300社が参加しているHOME'sなら、全国広くカバーしているのでイチオシです。

他の一括査定では、不動産屋を紹介してもらえなかった」という方。
一度、HOME'Sを試してみてください。

おすすめの記事

270view

どうも、ナツダです。 今回は、少しでも早く高く家を売る方法について解説したいと思います。 もくじ ・魔法のように家が早く高く売れる方法はない!? ・少しでも家を早く高く売る方法 ・査定額が高い不動産屋 ...

4,679view

どうも、ナツダです。 家を売るとき、悪徳不動産屋にだまされるとどうなるか知ってますか? 不動産屋が儲けて、あなたは何百万円も損することになります。 今回は、悪徳不動産屋の手口について解説してみようと思 ...

1,561view

どうも、ナツダです。 今回は、家を売るときの不動産屋の探し方を3つ挙げて解説したいと思います。 もくじ ・国交省のサイトを使って不動産屋を探す方法 ・一括査定を使って不動産屋を探す方法 ・不動産情報サ ...

-不動産売却の一括査定
-

Copyright© 家を売るのだ! , 2019 All Rights Reserved.